海外移住を実現する本16選|「海外に住みたい」を夢で終わらせない

・海外移住の方法は?
・どの国がおすすめ?
・海外で働く方法は?

海外移住を目指す方は、こうした疑問や不安が浮かび上がるもの。移住を成功させるための情報、知識を得て、ワクワクを体感するには、書籍が便利です。

私はこれまでオーストラリア、カナダ、インド、フィリピンに住み、働いた経験があります。20歳で初めてオーストラリアを訪れた際、その背中を押してくれたのは、不安を上回る海外への強い興味でした。

この記事で紹介する本を読むことで、あなたも海外生活のワクワクを感じ、自分に合った移住方法を見つけられると思います。

 

海外移住を実現させたい人におすすめの本16選

−海外移住の方法を知りたい方へ
1) “世界一やさしい”海外移住の方法
2) いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図
3) 最小限のリスクで最大限の幸福を実現する海外移住

−異文化理解に興味がある方へ
4) 異文化理解力
5) イギリスのいい子日本のいい子

−海外で組織で働きたい方へ
6) 日本人が海外で最高の仕事をする方法
7) 海外で結果を出す人は異文化を言い訳にしない
8) キャリア・シフト

−海外フリーランスを目指す方へ
9) 海外ノマド入門 ここではない場所で生きていく
10) 海外ノマドになるための21の仕事と職業

−海外起業を目指す方へ
11)「世界で生きる」は、こんなにも面白い!
12) 何もない僕が海の向こうで起業したら、成功した。

−海外留学をしたい方へ
13) 英語は「フィリピン」で学べ!

−旅をしたい方へ
14) 深夜特急
15) 定年だ!世界一周ひとり旅
16) 世界一周が教えてくれた21のコト

 

 

“世界一やさしい” 海外移住の教科書

海外移住歴9年の著者が、海外移住の方法について書いた本です。海外移住前の日本での手続き、ビザの取得方法、仕事の見つけ方など、 これから移住する人にとても実践的なアドバイスが書かれています。特別なスキルがない、英語力がない、海外ビザがない方向けに書かれた本で、とても読みやすい内容です。

本書を読むことで、漠然と感じていた海外移住のハードルを小分けにして、順番に解決していき、自分にもできそうだと思ってもらい、海外移住をしてみたい人の背中をそっと押せるような存在になれれば著者としてこんなに嬉しいことはありません。

この本はこんな方におすすめ
・海外移住前の手続きについて知りたい
・やりたい仕事がないが、漠然と海外移住がしたい
・実際に海外移住した方の方法、現地での生活費を知りたい
こちらの本はKindle Unlimitedで無料で読むことができます。

 

 

いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図

『ライフハッカー[日本版]』元編集長の米田智彦さんが著者で、国内外に移住した33人へのインタビューを通して書かれた本です。33人には、個人事業主や起業した方が多めで、海外はドイツ、オランダ、シンガポール、アルゼンチン移住者が登場します。理想の暮らしや移住のヒントが見つけられると思います。

自分が思い描く理想の暮らし。それを実現するために、「ここで生きたい」と思える場所に住むこと。目的は移住することではない。自分の人生を自分の手に取り戻すこと、自分の夢を実現する自由だ。 そのためには、「自分が本当に望んでいる生き方は何か?」という問いから逃げずに、絶えず自分自身と自分の現在と未来を見つめ続けることが不可欠となる。 移住とそれに必要なマインド、知恵や方法を、この本では取材対象者それぞれのやり方から探っていこうと思う。

この本はこんな方におすすめ
・将来の生き方や働き方を模索している
・地方移住と海外移住の両方を考えている
・個人事業主あるいは起業を検討している
・海外移住にまつわる苦労を知りたい
こちらの本はKindle Unlimitedで無料で読むことができます。

 

 

最小限のリスクで最大限の幸福を実現する海外移住

アイルランド在住10年以上の会計士が、自身の体験に基づいて海外移住について書いた本です。ビザ取得方法や仕事の見つけ方だけでなく、海外移住の目的、生活の優先順位、メリット・デメリットなどについても詳しく掘り下げています。実践的なノウハウだけでなく、温かみと丁寧さが感じられ、海外移住に関心のある方に参考になるはずです。
私が海外移住を目指す人たちに強く喚起したいのが、海外移住の目的をはっきりさせ、自らの優先順位を決め決めることです。優先順位が曖昧なまま環境を変えても、日本にいた頃の習慣に引きずられ、結局気が付けば同じような環境に逆戻りする可能性があるからです。
この本はこんな方におすすめ
・ヨーロッパへの移住を考えている
・漠然と海外移住したいと思っている方
・真面目な方、不安で海外移住がなかなか前に進んでいない方
・海外移住のメリット・デメリットを知りたい方
こちらの本はKindle Unlimitedで無料で読むことができます。

異文化理解力

 ビジネスコミュニケーションにおける誤解、齟齬の実例から異文化の価値観、異文化間どうしの相対性などが学べる本です。海外で働くおもしろさは、共に働く人と文化の違い、多様性、それを乗り越えることにあると思います。海外で働いていて「なんでこの人こんなこと言ってるんだろう」と思ったことは何度もありますが、この本はコミュニケーションにおける認識や捉え方の違いを理解するのに役立ちます。

グローバルビジネスがその複雑性を急速に増す中、「異文化を理解する力」の欠如は、ビジネス上の重大なリスクとなりかねない。そしてリスクも大きいが、チャンスも大きい。

こんな人におすすめ
・日本人と外国人のコミュニケーションの違いを知りたい
・国際的なチームで仕事をしていきたい
・海外でリーダーとして働いていきたい

イギリスのいい子日本のいい子

アメリカ、イギリス、オランダ、日本の4つの国で育った児童教育学者による著書。子どもの自己主張と自己抑制を中心に書かれている本ですが、子どもがいらっしゃらない方、児童教育に特別興味がない方も、文化と文化が性格に与える影響について面白く読める本だと思います。私が初めての海外滞在中に読んだ本で、カルチャーショックをより理解することに役立ちました。

文化はダイナミックなシステムである。異国の文化と自国の文化を比較してひとつの異なる現象があったとしても、それはそれぞれの文化のシステムのなかで大体つじつまがあっていることが多い。また異国の慣習で腑に落ちないことがあったとしても、ある側面で不十分な事柄を他の側面で補うという補完性も文化のシステムにはある。

こんな人におすすめ
・文化が性格形成に与える影響について興味がある
・お子さんと一緒に移住を考えている
・日本人、アメリカ人、イギリス人の一般的な性格の違いについて知りたい

日本人が海外で最高の仕事をする方法

ソニーで20年、9か国に海外赴任した経験をもつ著者の自伝。語学よりもスキルよりも、現地の文化と人に真摯に向き合う。海外で外国人と働く上で大切な姿勢、心構えを教えてくれる本です。著者の体験から、国や環境は違っても、現地の文化、人との向き合い方を、臨場感をもって学べる本です。

異なるバックグラウンドを持つ人たちと一緒に、そのさまざまな違いを楽しみながら、成果を上げるということ。これは、多様化とグローバル化が進む世の中において、ますます求められるようになっています。その必要性を感じている人に、この本がお役に立てるかもしれません。

この本はこんな方におすすめ
・仕事場面における外国人とのコミュニケーションに興味がある
・海外赴任や海外転職が決まっている
・外国人の部下がいる
・異文化を理解し、共感するスキルを身につけたい

 

海外で結果を出す人は異文化を言い訳にしない

総合商社の丸紅でイラン・ベルギー勤務を8年経験し、現在はMBAスクールのグロービスで人材育成に携わる高橋さんの著書。「文化が違うから」と一括りにされがちな海外での仕事の難しさについて、丁寧に言語化しています。海外での仕事の難しさは、海外での仕事の楽しさとも言い換えられ、だから海外の仕事は楽しいんだと改めて気付かされる本になっています。

海外ビジネスだからといって、何か特別なことをやる必要はまったくない。そのマインドセットを持つことができれば、一般に言われているほど、海外ビジネスのハードルは高くはない。むしろ、海外だからこそ、基本に忠実に従って仕事を遂行することが最も近道だと、私は考えている。

こんな人におすすめ
・海外の仕事の難しさ、楽しさを知りたい
・海外の仕事が日本の仕事と具体的にどう違うかイメージしたい
・海外で仕事の成果を出すにはどうしたら良いか知りたい
こちらの本はKindle unlimitedで無料で読むことができます。

キャリア・シフト

海外就職キャリアコンサルタントの著者によるアジア就職の入門書。日本とアジアの経済、就労状況からアジア就職のメリット、アジア各国の求人傾向、就職のステップなどが詳しく書かれていて、初めて海外就職を目指す人にとても実践的な内容になっています。アジア就職を実現した方のインタビューもあり、参考になる本です。

すべての人に海外で働くことを勧めるつもりはりません。しかし、アジア就職は、懸命に仕事をする多くのビジネスマンにとって、取りえる有力な人生戦略の選択肢であると考えています。

この本はこんな方におすすめ
・アジアで海外就職をしたいと思っている
・初めて海外で働こうと思っている
・日本で働くことに閉塞感をもっている

 

海外ノマド入門 ここではない場所で生きていく

世界を旅しながら働くルイス前田さんが、56人のノマドワーカーの実体験をまとめた「ノマド攻略本」です。海外ノマドとして働いている方々のノマドの始め方、仕事の見つけ方、働き方、収入、不安など、実体験と現在の心境がまとめられています。キラキラした部分だけでなく、苦悩も含め、ノマドについてリアリティをもって知ることができる本です。
僕が海外ノマド生活をスタートさせた時の率直な感想は「過酷だけど楽しい!」でした。楽しい理由は明確で、ホテルやホステルの扉を開ければそこは海外。(中略)一方で、過酷な理由は「働く環境も、生活する環境も定まらないから」です。(中略)ですが、好奇心旺盛な人にとっては、海外ノマドは最高にワクワクする働き方です。
この本はこんな方におすすめ
・海外ノマドとして生きていきたい
・場所にとらわれない仕事をしたい
・組織で働いているが、将来はフリーランスで働いていきたい

海外ノマドになるための21の仕事と職業

海外で”デジタルノマド”として働くためのメリット、デメリットと、デジタルノマドの21の仕事を紹介している本です。21もの仕事が具体的に取り上げられており、どんな選択肢があるか知りたい方に参考になります。また、デジタルノマドとしてビザ取得が可能な国とその条件も掲載されています。
ここで扱うデジタルノマドは、自宅と付近のカフェを放浪する「ノマドワーカー」ではありません。ときにはパリのカフェで、バンコクのゲストハウスで、インドネシアの離島で、そしてカナダの森の中で仕事をする、世界を跨ぐ海外ノマドについて述べています。「デジタルノマドになって世界中を仕事場にしたい!」 そんな人に、インスピレーションと、よりクリアな未来設計図を提供できるなら、こんな幸いなことはありません。
この本はこんな方におすすめ
・会社に通勤しない働き方に憧れている
・これからフリーランスとして海外移住したい
・フリーランスとして移住できる国と条件を知りたい
こちらの本はKindle Unlimitedで無料で読むことができます。

「世界で生きる」は、こんなにも面白い!

カネなし、コネなし、ノウハウなしでベトナムに飛び込み、海外起業をした安倉さんのストーリー。物語調で臨場感があって読みやすく、起業から刺激的な日々を送ってきたことが感じられ、ワクワクさせられます。これから海外にチャレンジしたいけど勇気がもてない、そんな方におすすめです。

本書では、ぼくがベトナムで起業し、アセアンでビジネスを展開するまでの経緯と悪戦苦闘の日々をお伝えしてきた。厳しい現実に見えるだろうが、正直に言おう。はっきりいって、めちゃくちゃ楽しい。日本とアジアを行ったり来たりする生活は最高にエキサイティングだ。まず人生そのものが旅のような感じである。

こんな人におすすめ
・起業、とくに海外起業に興味がある
・海外で会社を0からつくる苦労や醍醐味を知りたい
・これから海外でチャレンジする勇気がほしい

何もない僕が海の向こうで起業したら、成功した。

海外赴任したドミニカ共和国で会社を辞め、文字通り0から事業を興した風間さんのビジネスストーリーです。波乱万丈のストーリーから勇気をもらえるだけでなく、多くの失敗、豊富な経験からもたらされた深い洞察は説得力があり、また読み返したい本です。

「人生はロールプレイング」とお伝えしましたが、ゲームとは違うことを1つ言えば、それは「セーブ機能」がないことです。人生は過ぎ去った時間は巻き戻せませんし、死んでも生き返れませんし、「小学生からやり直す」ということもできません。冒険の旅に出るためにはワクワクを信じて行動し、信じた道を自分の力で「正しいもの」にしていくしかないのです。

こんな人におすすめ
・中南米に住みたい、働きたい
・海外で会社を0からつくる苦労や醍醐味を知りたい
・これから海外でチャレンジする勇気がほしい

英語は「フィリピン」で学べ!

フィリピン留学を知り尽くし、「フィリピン留学ラジオ」というフィリピン留学の口コミサイトを運営する中谷さんの著書。英語を学ぶべき理由、フィリピン留学をおすすめする理由などがまとめられています。フィリピン留学の歴史とビジネスモデルにも触れられていて、留学の学校やエージェント選びのヒントにもなります。

本書では、ぼくがベトナムで起業し、アセアンでビジネスを展開するまでの経緯と悪戦苦闘の日々をお伝えしてきた。厳しい現実に見えるだろうが、正直に言おう。はっきりいって、めちゃくちゃ楽しい。日本とアジアを行ったり来たりする生活は最高にエキサイティングだ。まず人生そのものが旅のような感じである。

こんな人におすすめ
・英語留学したいけど、どこの国に行こうか迷っている
・海外で働く、暮らす前に英語を学びたい
・フィリピン留学が良いって聞いたけど良さが分からない
フィリピン・マニラ留学ができる学校をこちらの記事でもまとめています。
>> 参考記事【2023年版】マニラ留学の特徴、効果と費用|7校を比較

深夜特急

「バックパッカーのバイブル」とも呼ばれる沢木耕太郎さんの旅行記です。香港からロンドンまでの旅が全6巻にまとめられていますが、一気に読んでしまいました。今でこそインターネットや様々なツールを駆使して旅行ができますが、当時は1970年代。読み終われば、旅がしたくなるに違いありません。

こんな人におすすめ
・世界一周の旅に出たい
・バックパッカーの旅に興味がある

定年だ!世界一周ひとり旅

定年後、62歳で219日間の世界一周ひとり旅をした砂川さんの体験記です。定年後の世界一周旅行というだけですごいですが、その旅程も旅のしかたもパワフルでワイルド。旅の準備、5大陸28カ国の訪問を振り返った旅行記は刺激的です。
こんな人におすすめ
・世界一周の旅に出たい
・50代、60代で海外に出てみたいと思っている
・英語が話せないが、海外に行ってみたい
Kindle Unlimitedで無料で読むことができます。

世界一周が教えてくれた21のコト

会社を辞め、長年の夢だった世界一周を実現させたRamさんが、100日間の世界一周旅行後につづった本です。感受性豊かなRamさんの柔らかくも芯のある言葉から、一歩踏み出す勇気をもらえる本です。

大人だって夢見ていいし 何歳になっても挑戦する権利はある。 だからどうか 自分だけは 自分の味方でいてあげて欲しい。 正解よりも後悔のない生き方を。

こんな人におすすめ
・長年やりたいことがあるが、一歩踏み出せない
・世界を旅することでどんなことを体験するか知りたい
・価値観を揺さぶられるような旅をしてみたい
この本はKindle Unlimitedで無料で読むことができます。
海外移住をしたい方向けに16の本を紹介してきました。今ならAmazonのKindle Unlimited無料体験に申し込むことで、200万冊以上が30日間読み放題になります。